| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

発酵米ぬかづくり

発酵米ぬかづくりのスタートです♪
画像 033

発酵米ぬかづくりの前に有用な微生物を探すと本に書いてありました。
ナイスの散歩がてら近所の林の様になっている所に目を付け、ここならあるのではないかと思い行ってみました。
落ち葉が積もった場所をお目当てに探しましたが白い菌糸の塊「はんぺん」は残念ながら見つけられませんでした。
近所にいくつかのこういった場所の候補はあったのですが、今回は手っ取り早く「ヴァラリス・バイオポスト」を購入してこれで作る事にしました。
使用する菌によって発酵米ぬかの香りがさまざまなようなので、今度時間のある時に色々試したいと思います。

そして主役の米ぬか。
近所のお米屋さんに行ったのですが今日はお休みで、「どこで手に入れよう?」と。。。
近所の大型ショッピングの中にある精米所が思いつきそこへ、すると今までは目に付かなかった『米ぬかはご自由にお持ち帰りください』と書いてあるではありませんか。
本当だったら米ぬかも無農薬にこだわるべきなのかも知れませんが、今日はとにかく、この色んな所からの米ぬかを持ち帰ることに。

こちらがバイオポストに対して2、3倍の米ぬかを混ぜ合わせたものです。
画像 054

子供の頃、母の大切にしていたぬか床を手伝いながらも、面白がってかき混ぜていた頃の感触を思い出しました。
水分量がうまくいったかは今後の発酵次第と言うことで、執りあえずここまで無事終了しました。

家にあったレンガでふたをしました。
画像 045

私が作っている間、ずーと気になるようで。。。
画像 047

ナイスもこちらの匂いにご満悦のようでした!!
画像 048

これから2、3日、ふたを開けて中の様子を見るのが楽しみです。
うまく発酵されますように。。。

スポンサーサイト

| Rose Garden | 14:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オーガニックで再び 『米ぬかオーガニック』

冬休みで帰省していた3男は昨日新幹線で寮へ戻りました。
今までで一番長いお休み期間でした。
現役の頃とは違い、のんびりと過ごしていました。


さて、去年の年末からこちらの2冊の本を何度も読み返していました。
画像 025

バラの苗を育てていましたが、数本のバラ以外は黒点病で葉を落とし、それ以降元気な開花を見ることは出来ませんでした。
枯れてしまった苗もあり、とてもショックでした。
やはりバラは難しい、私には無理、家の壁面いっぱいにバラで埋め尽くす夢(妄想)は諦め、ほとんどの苗を処分しました。
その中でもつるアイスバーグ、ピエールドゥロンサールだけは毎年株も充実し開花を見ることができました。
でもこの2株だけ。
なぜ??無農薬でバラを育てるのは無理なのか?
ネットで見る色々な方のバラの写真、自分のバラとの違いにここでも意気消沈。
オーガニックでバラを育てている方のネットでの意見交換などにも興味がありましたが、ここまで手をかけて育てられるか?こんなにもバラを育てるのは大変なのか?
色々な疑問がある中、これだ!と思えた一つの方法、それが小竹幸子さんの米ぬかオーガニックでした。

『バラはだんぜん無農薬』の冒頭でも、ほんとうにバラを無農薬で育てることなんて、できるのでしょうか?
まさに!私の聞きたいことそのものズバリ!そしてその答えは、YES!でした。
完璧には無理なこともありですが、自分の庭に合った丈夫な品種を選び、おおらかな気持ちでバラの庭と向き合うことさえできれば、無農薬でも、バラの庭を愉しむことは十分可能であると。

石の上にも3年、バラも3年は育ててみないと。
この限られた庭とは言えない小さなスペースに生態系を作ること、それが不可能ではないかも知れません。

ここでめげないでもう一度頑張ってみようと小竹さんの本や小竹さんのバラに関するサイトからきっかけを頂きました。
そして又バラを育てることがブログを再開するきっかけにもなったのです。


明日は材料集めをしてみようと思います。

| Rose Garden | 12:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

癒されて♪

ポールズ・ヒマラヤン・ムスクポールズ・ヒマラヤン・ムスク18
サクラのような淡桃色で小輪の八重から半八重咲き。
花の形はポンポン咲きで大きな房となり、株いっぱいに開花すると枝が下垂するので、下から眺めるのに向いています。
今は花が終わってしまいましたが風情のあるバラです。

つるサマー・スノーつるサマー・スノー1550
ひらひらとした白の半八重のかわいらしい花から少しだけ花芯がのぞき、多数の房咲き。

シャポー・ドゥ・ナポレオンシャポー・ドゥ・ナポレオン
独特の三角形の萼が割れると中から桃色のカップ形の花が顔をのぞかせる。
開くと花弁が少し乱れたロゼット咲き。
シャポー・ドゥ・ナポレオン53
ダマスクの甘く強い香りに癒されます。

ラウプリッター
ラウプリッター 1521
コロンとした可愛い花形、花持ちもとてもよく次々と咲いています。

最近、雨がよく降ったので、うつむき加減で重たそうにしていたバラもありました。
満開~って時期は過ぎましたが、まだまだ蕾もつけているバラもあるので楽しみです。

| Rose Garden | 08:15 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バラの苗購入

友達と近所にあるお店に行き苗を買ってきました。
こんな近くにあったなんて!それも相当な数のバラがビニールハウスやその他、一面バラで一杯でした。
お目当ての苗を探すのにも一苦労、でもおじさんに聞くと「それはここら辺にあるよ」と教えてくれて、質問した事にも親切に教えてくれました。

今回、買った苗は~
エヴリン


エヴリン 943

オースチン社のこのエヴリン、大輪ロゼット咲き、色はサーモンピンクで香りはとっても上品なオールドローズ香にフルーツの香りがします。
「エヴリン」はイギリス企業のシンボル花、クラブツリー&イヴリンでおなじみですね。
エヴリン 960
容姿良し、香り良しの美人さんです(*^-^*)

スノーグース
スノーグース932
細いしなやかな枝の小型のランブラーのようなつる性の品種。
花弁が多くポンポンと咲く白い花は、大きなスプレー咲きになります。
つるバラではお馴染みのスノーグース、枝、葉、花いずれも完成度の高い品種ですね。

スノーグース 935

 


スノーグース 922


まだこんなに小さいですが、トゲがほとんど無くて扱い易いですし、壁に誘引したりして房が下垂して咲く姿にしてみたいと思います。


ニュー・ドーン

ニュー・ドーン 956


日照不足や半日陰にとても強い品種だそうです。
ホント強そうなユニークな名前も気に入りました!


ラウブリッター

ローブリッタ 946


「ローブリッター」で流通していますね。
ロサ・マクリアンサの形質を引く珍しい品種だそうです。
桃色の小さなコロコロとした可愛いカップ咲きの花が咲き、可愛さに一目惚れして買いました。
花もちもよく、かなり長い間花を楽しめるのも魅力です。


メイ・クイーン

メイ・クイーン 971


なんだか貧弱ですが、強い品種で大きく生長します。
薄いピンクで半八重のクオーターロゼット咲きで、咲き進むとライラック色が濃くなるそうです。
どの様に育てるか考え中・・・・

以上5鉢ヾ(^^ )

「もう植えるところが無いから今日はここまで」
すると、おじさんは「みんなそう言って買って行きますよ」
ホントおっしゃる通り!!
見ればついつい手が出てしまいます。

| Rose Garden | 14:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マダム・フィガロ

マダム・フィガロも綺麗に咲きました\(^▽^)/ 

マダム・フィガロ 856

フランス・デルバール社のマダムフィガロ。
デルバール社の特徴は花色・香り・花のクォリティーや性質・耐病性などコンビネーションのよい数々のバラを生み出していることです。

マダムフィガロはフランスの高級女性誌の20周年を記念して選ばれた美麗花です。
花びらはソフトなピンク色のハート形。

ディープカップの花が咲き乱れます。
香りはシトロン、アニス、ローズのミックス香。。。とありますが???
花は秋ごろまで楽しむことが出来るそうです♪


明日はお友達と家の近くにあると言うバラ園に行ってきます。
初めて知りましたが、種類も多くあると言うので楽しみです。

| Rose Garden | 07:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ファンタン・ラトゥール

コロリンと丸い赤のツボミから
ファンタン・ラトゥール  867

パウダー・ピンクの花が開きました♪
ファンタン・ラトゥール 851

ほんの少~しだけグレイが溶け込んでいるような?という感じのうっとりピンク。
咲き進むにつれて淡くなっていきます。
そして香りもうっとり~好きな香りです(^-^)

| Rose Garden | 09:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピエール ドゥ ロンサール

私の一番好きなピエール ドゥ ロンサール
ピエール・ドゥ・ ロンサール 785


大輪咲きで、微香ながらダマスク系の香です。
オールドローズに似たクラシカルな花形、クォーターカップ咲きとか、クォーターロゼット咲きです。

咲き進むと一層ゴージャスな花です。
ピエール・ドゥ・ ロンサール 807

基本的に一季咲きながら、返り咲きすることもあるそうですね。

ピエール・ドゥ・ ロンサール847

育てやすくて花つきもよく、たくさんの蕾があるのでこれからも楽しみです♪

| Rose Garden | 09:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バラの開花☆続々と

ウィンチェスター・キャシードラルが真っ白な花びらを開いてくれました♪


ウィンチェスター・キャセドラル

メアリーローズの枝変わりで花色以外は殆んど同じだそうですね。
香りはオールドローズの香りに、ハチミツとアーモンドの香りがかすかに混じります・・・
と、ありますが私には感じることが出来ませんでした(:‐。‐)......
もっと沢山咲いたら分かるのかな?
初期育成が遅く剪定も最小限にした方が良いと本に書いてありますが、スタンダード仕立てにすると素敵でしょうね♪

つるアイスバーグも蕾から
つるアイスバーグ2
つるアイスバーグ1
つるアイスバーグ
今ではこんなに開花し、どの花の表情も素敵です。

毎日毎日バラの様子を見ては「いつ咲くのかな?」と、開花を楽しみに観察しています。
この楽しみがあるからこそ!!って感じがします。

| Rose Garden | 16:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

感動!!

今朝なんと!コンテド・シャンボールが咲いているではありませんか\(^▽^)/ 
コンテ・ド・シャンボール1

我が家の第一号です、とは言っても蕾がついている状態でしたが、でも感動です(o^-^o)

だって先日のあの蕾から、まるでドレスの様にこんなにも素敵な花びらが幾重にもあったなんて想像を遥かに超えていました。

外側の花びらは大きくて色は淡いピンク、中心の花びらは色濃くて小さな花びらがひしめきあっています。

香りは濃厚なダマスク香♪これぞオールド・ローズ!という感じのうっとりする香りです。

コンテ・ド・シャンボール2

たった一つの開花ですが、何個も咲いたらさぞかし素敵でしょうね。


| Rose Garden | 14:25 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新苗到着

篠原バラ園さんから去年注文していた新苗が届きました。

画像 622

 コンテド・シャンボール
 ジャック・カルチェ
 マダム・プランティエ
 マリー・ルイーズ
 ルイーズ・オディエ
 マダム・ハーディー

早速6号鉢に植え替えしました。
画像 625


コンテド・シャンボールには蕾がありました。
画像 640

この蕾、摘んだ方が良いと本に書いてありますが私には出来ません(゜-Å)
このまま咲かせてあげたいですp(*^-^*)q


大好きなピエール・ドゥ・ロンサールもこんなに大きくなりました。
画像 636
画像 635
大きな蕾もたくさん付きました(o^∇^o)
このまま無事に咲きますように!




| Rose Garden | 07:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ぐんぐんと

苗が届いた時はこんな感じで本当に芽が出てくるのだろうか?と思っていましたが、芽が動き出し、柔らかい葉がぐんぐんと!!元気に生長しています。

ポールズヒマラヤンムスク
画像 581

我が家にあるバラの中で一番に芽が出て生長も早く、見ていて楽しいバラです。



ピエールドゥロンサール画像 442


つるサマースノー
画像 467

一雨ごとに大きくなる感じで、他のバラも勢い良く生長していて嬉しいです。







| Rose Garden | 08:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バラのハンドブック&バラ大百科

こちらはネットで申し込むと無料で送付していただける本です。
DAVID AUSTINの素晴らしいバラの数々、綺麗な写真で掲載されています。

画像 132


今まで気になるバラがあるとネットで検索していましたが、あまりにも莫大な情報、バラがこんなにも種類が多く、人によっては分類の仕方にも多少の違いもあります。
バラの名前一つを覚えるのにも一苦労(:‐。‐)
ネットで調べていると、あっちもこっちもと切がないので、今はこのNHK出版のバラ大百科を利用しています。

画像 135

統一感があって良くまとまっている本だと思います。

昔一番初めに見たバラの本が誰にでも育てることが出来て、肥料や害虫対策など、もっと手軽に楽しめることが書いてある本であったなら、私はもっと早くバラに興味を持っていただろうと思います。
バラはとても手のかかる花と、先入観があり今まで育てる気にもなれなかった花ですから。

| Rose Garden | 09:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インドアポットローズ/ポールセンローズ

家の近くのショッピングセンターにナイスと一緒におでかけしました。
食料品以外は一緒に入れるのでここに行く時はいつも一緒です♪

園芸コーナーに立ち寄り、家の中で育てることの出来るバラを見つけました。

画像 111

デンマークにあるバラの育種130年の歴史と信頼のあるトップメーカーPoulsen RoserA/S社が育種をしたバラだそうです。
ポットでもバラを楽しむ事が出来るようにと、1970年代後半ポットローズの育種に初めて成功し、現在はインドアポットローズ、アウトドアポットローズの合わせて15シリーズが世界中で生産されているとのこと。

ミニバラが良いかなと思っていたので丁度良かったです♪

こちらは少し大きめでカプリマと寄せ植えしました。
画像 162

家の中にお花があるって、やっぱり幸せな気分になります。


ゆっくり買い物をしてる場合ではなく、直ぐに家に戻りました。
そうですWBC!!
サムライジャパンがやってくれました\(^▽^)/
キューバをシャットアウト!!素晴らしい投手陣です♪
そしてイチロー選手、今までどれだけ待っていたことか!!

今日の様な試合展開を韓国との試合で出来たなら、怖いもの無しです。
韓国に勝ちたい!明日も応援に熱が入ります(^.^)/~~~♪☆彡

| Rose Garden | 21:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

無農薬栽培

バラを育てるにあたり私が一番に関心があることは無農薬で育てるということです。
バラのイメージとしては消毒して、肥料をたくさん使ってと・・・
ものすごく大変なイメージしかありません。
そこまでやらなければ、綺麗な花を咲かせることは出来ないの??

いえ、いえ、本を読んだりしていると無農薬でも綺麗な花を咲かせている方もいらっしゃいます!!
そうなるまでには大変なのでしょうけど・・・。

日々の生活の中でバラを育てる、一主婦としては家族の健康、飼っているペットの健康、ご近所への配慮、2階のバルコニーは洗濯物がある・・・など消毒する度に完全防備で農薬を撒くのは避けたいことです。

バラを購入してまだ僅か、この先どんなことが起きるのか本の中でしか知りません。
はらはら、わくわくと言った心境です。
どこまで出来るかは分かりませんが、出来るだけ無農薬栽培に挑戦です。

| Rose Garden | 08:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モッコウバラ

WBC観戦で朝からテレビにかじり付いていました。
キューバ戦、サムライジャパン快勝してくれましたね\(^▽^)/


あと一つ欲しかったバラ
画像 303

モッコウバラの白と黄です。

4月に美しい花を咲かせてくれるバラです。小輪ですが花つきもよく、又バラの中では病気にも強く育てやすいのが魅力。

購入した苗は何だかまだ貧弱なので、その魅力が本格的に見れるのは来年以降かなと?思います。
花が終わるまでこのままの状態で、その後地植えか鉢を大きくするかを考えています。

トゲも無いので扱いやすいのも魅力です。

黄色に比べ白は僅かに香りがするとありましたが、私の鼻にはその匂いを感じることは出来ませんでした(^^ )
もっと生長すると分かるのかしら??

| Rose Garden | 09:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

誘引作業

植物には頂芽優勢という性質があり、つるバラの場合、放っておくとツルの先にしか花芽をつけないそうです。
そこで必要なのが誘引作業、枝を斜めにしたり、横に寝かせると出てくる芽が花芽となって、たくさんの花を咲かせるそうです。

新雪がアルミのワイヤーを這い、壁を覆う計画ヾ(^^ )そう予定?です・・・
画像 007

フランソワ・ジュランビルもスリットから元気に芽を伸ばしてくださいね!!
画像 049

私が今回購入した苗の殆んどがつるバラ。
つるバラの魅力はいっぱいありますが、自分の想像力で幾つ物背景や演出を作れることでしょうか。
バラは3年目からと言われているようですが、やはり奥が深く、まだまだ勉強しなくてはならない事ばかりです。

毎日、楽しみに観察しているのですが、まだ枝がこんな感じで、ここからあの綺麗なバラが咲くなんて信じられないです。
自分で選んだつるバラ、これからどんな姿に様変わりしていくか、今から考えるだけでもワクワクします。

| Rose Garden | 07:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バルコニーへ

昨日へ引き続き~今日は苗をバルコニーへ移動
フランソワジュランビル
新雪
つるアイスバーグ
つるサマー・スノー
シャポードナポレオン

フランソワジュランビルFrancois Juranville

そしてスリットの間に枝を絡ませてみました。
Francois Juranville

枝は細く柔らかく、地表を這うように伸長して開花するようなので手すりをぐるりと囲むようなイメージにしました。


新雪は開花の時期が長いということで秋頃まで楽しませてもらえるかな?
Shinsetsu
Chapeau de Napoleon


壁面で使いたかった、つるアイスバーグつるサマー・スノーもバルコニーで育てます。
初めてのつるバラ、1~2年間、鉢で育てて特徴をつかんでから地植えにしてもいいかなと思います。

画像

この壁一面に綺麗な開花を期待して、作業はまだまだ続くのでした。

| Rose Garden | 08:16 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

苗到着

注文していた苗9鉢が届きました。

~ 画像 347

つるアイスバーグ
ファンタンラトゥール
つるサマースノー
ポールズヒマラヤンムスク
ピエールドゥロンサール
シャポードナポレオン×2
新雪
フランソワジュランビル

梱包も丁寧にされていて丹精込めて育てた苗だと感じました。

まずは玄関前から
~ 画像 357

ポールズヒマラヤンムスクを地植えしてコラム柱に誘引してみました。
~ 画像 353

初めての誘引作業でバラのトゲが少々怖かったのですが皮の手袋をはめれば大丈夫、枝も思った以上にしなやかなんですね♪
誘引する程まだ生長していない枝もあるので、今は寂しい感じですが生長したらもっとボリュームが出て良い感じになると思うのですが。

ここからどう育っていくのか楽しみです(*^_^*)
と言うよりも咲かせることが出来るのか心配の方が多いのですが・・・・。

1階壁面に誘引と2階のバルコニーの手すりにも誘引と作業はまだまだ続きますが、開花した時のイメージを思い描きながらの作業は楽しいです。

| Rose Garden | 07:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夢のRose Garden

バラを知ることで小さな庭でのひと時を、私の新しい至福の時間としたくて・・・
DSC_0170.jpg

夢のRose Garden実現のために新しく苗を注文しました。
つるアイスバーグ
ファンタンラトゥール
つるサマースノー
ポールズヒマラヤンムスク
ピエールドゥロンサール
シャポードナポレオン×2
新雪
フランソワジュランビル
ジャック・カルチェ
シャポー・ド・ナポレオン
マリー・ルイーズ
ルイーズ・オディエ
マダム・ハーディー
コンテド・シャンボール

本を参考に樹形を考え選んでみましたが、バラを今まで育てたことが無いのでどんな感じになるのか少々不安です。

そして何処にどのバラを植えるかも検討中です。
DSC_0169.jpg


憧れは家の壁一面に咲くバラです
~ DSC_0001

今から何年後にその夢は実現出来るでしょうか・・・

| Rose Garden | 08:16 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バラの地植えに初挑戦!

~昨日の続き~
画像 154
昨日購入した苗マダムフィガロウィンチェスター・キャセドラルを地植えしました。
土づくりも大切な作業ということで本を参考にしながら培養土・くん炭・貝化石・馬フン堆肥で
Dr.真島氏推奨「馬フンコロッケ」に初挑戦!!

馬フンは袋を開けるのに恐る恐る・・・一体どんな物か想像も出来なかったのです。
開けてみると(:‐。‐)臭いも無くて「な~んだ」と大丈夫でした!!
思っていたよりも楽に2株を植え作業終了。
後は綺麗なお花を咲かせて欲しいと願うばかりですd(*^0^*)d

バラの歴史も古く神秘的で調べると楽しいです♪
ルネサンス期に活躍した画家ボッティチェリ ヴィーナスの誕生 に描かれているお花もバラなんですね。

| Rose Garden | 12:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バラ界のファーブル先生Dr.真島康雄のバラの診察室

何気なく本屋さんで立ち読みしていて目に飛び込んできたこの一冊の本。
画像 125

この本との出合いで今まで私の抱いていたバラへの興味が一層開花したのでした。
最初パラパラとページをめくっていくとバラの綺麗な写真はもとより「これは、昆虫観察日記?」
みたいな、だって虫のことがとっても詳しく書かれているのです。
植物を育てるということは虫とも仲良しにならないといけない。。。それは分かっていたのですが、
まぁ~なんとも色んな虫がバラにやってくるのですね。
そして何よりも、こんなに綺麗なバラが無農薬栽培出来るなんて!素晴らしいの一言です。
さすがDr.である真島康雄氏の観察力です。

この本並べられてから時間が経っているのか最初から少しお疲れの状態で新品って感じではなかったのですが即お持ち帰りしました♪

外国の雑誌でよくみかけるバラ園。
いつか私もそんなお庭でバラの香りを楽しみながらのティータイム~考えただけで素敵です(*^_^*)
考えてるだけでは何も始まらない(:‐。‐)......ですね。

私にとっては植物1鉢育てるよりも犬を10匹育てることの方が得意かも?
さてさてどうなりますか・・・。

| Rose Garden | 09:36 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。